がん保険

がん保険について調べてみて考えさせられたこと

みなさんは、保険に入っていらっしゃいますか?
がん保険にも入っていらっしゃいますか?
そういう私はどうなのかといいますと、入院保険には一応入っているんですけれども、がん保険には入っていないんですよね。
でも最近、知り合いががんになって、がん保険に入っていなかったという話を聞いたこともあって、がん保険に入ったほうがいいのかどうなのかと、ちょっと悩み始めたんですよ。

 

でも、そもそもの話、がん保険ってどんなものなのかすらよくわからなかったので、がん保険についてちょっと調べてみたんですよね。
調べてみたところ、がん保険というのはどうやら、がんに特化した保険で、がんの治療に専念できるために存在する保険ということらしいんです。

 

私はまだ幸いがんになったことがないのでよくわからなかったんですけれども、がんになった知り合いに聞くと、がんの治療というのは必ずしも入院しなければ受けられないものでもないらしいんです。
ということは、入院保険に入っているだけでは、入院しない限り役に立たないということになってしまいますよね。
がんの治療には、抗がん剤治療とか先進医療とかがあるようなんですけれども、健康保険が適用されなくて全額自己負担となってしまう治療で、お金があまりにもかかるのであれば、治療を受けたくても受けられなくなってしまうという心配がありますよね。

 

日本人の2人に1人は、がんになると聞いたこともありますし、やっぱりがん保険にも入っておいたほうがいいように思えてきました。
とは言えども、がん保険で何がどこまでカバーできるのかは、保険会社によっても保険会社が提供しているがん保険によっても違うでしょうから、入院保険について丁度見直そうと思っていたところですし、今お世話になっている保険会社にまずは聞いてみようと思っています。